jcssを知ればこんなメリットがあります

jcssとは、計量法という法律に基づく校正事業者登録制度です。jcssに認定されると、校正を行う施設が一定以上の計量技術を持つことが証明されているということなのです。人間が生活する上で、重量や長さ、時間、温度、光、角度など、さまざまな方法で物理量を測定しなければなりません。例えば、料理をする場合には計量カップで体積を計測します。タイマーで加熱時間をはかる必要があります。計量カップやタイマーの測定器具は、製品を作る会社が正しく計量ができることをチェックしてから販売されます。もしも測定器具の校正を行う会社が、間違った基準で測定していたら大変なことになります。例えば重量測定器具を製造する会社が、間違った分銅を使って製品の校正を行っていたら、その会社の製品を信用することができません。計量器具の校正を行う会社が、正しく測定ができる事を国が認定する制度がjcssなのなのです。

jcssに認定されることのメリットとは

jcssに認定されるためには、測定の基準に用いる分銅や正確な時計が必要です。測定用の器具の正確性に加えて、これらを正しく使用することができる高度な技術が必要です。例えばどんなに正しいモノサシであっても、温度によって膨張・収縮するので、厳格な温度管理の下で校正を行う必要があります。jcssに認定された機関は、高い測定技術を有していることが国によって証明されているということなのです。jcssに認定されることは単に正確な校正が可能であることの証明だけでなく、正確な構成が可能な設備を所有していることと、正確な校正を行うことができる人材がいることが証明されているということなのです。jcssに認定されると、認定機関が信用を得ることができるというメリットがあるのです。計量器具を使用するユーザーも、jcssに認定される機関が校正を行った器具であれば、正確性の面で信用ができるというメリットがあります。

jcss証明が必要とされる場面とは

jcss認定機関が校正を行った計量器具には、jcss校正事業者の発行する校正証明書が発行されます。この証明書により、国家計量標準による正しい校正が行われたことが証明されるのです。高圧ガス取締法・計量法・気象業務法・道路運送車両法などの法律で、jcss認定機関が校正した計量器具を使用することが求められています。他にも原子力発電事業者の計量器管理マニュアルや陸上自衛隊の外部校正事業者の入札条件、薬事法などでも、jcss校正事業者が校正した計量器具での測定が義務付けられています。jcss認定機関が校正した器具の信用は日本国内にとどまらず、海外でも信用されます。例えば、FAA(米国連邦航空局)の免責措置を受ける際にも校正証明書が添付された測定器が必要となります。