jcssの認知を高めるためにすること

jcssは国家標準にトレーサビリティがあることと国際規格に適合した技能をもつ校正事業者を登録することの2本柱で運営されている制度です。jcss制度がなければ、校正を行なっても国家間で信用の足りる標準を使ったかどうかが確認できません。jcss校正証明書があれば、計量法で規定された標準器まで遡ることができます。校正事業者も国家規格で審査されていることから世界で通用する証明書となっています。国家間の相互承認を締結しているため国内で行なった校正の結果が海外でも信用されます。日本企業が世界へ進出するときの手助けになることや海外での校正の基準を信用するための根拠になります。重複した校正を行う必要がなくなるので、商品価格への負担も少なくなります。

校正の必要性を知ってもらうこと

jcssの認知度を上げるには、校正の必要性を知ってもらう必要があります。校正とは確認を行い、必要に応じて調整して誤差のない状態にすることです。jcssでは確認や調整に使われる標準器が国家標準であることを確認することができます。校正が適正に行われていないと時間も長さも重さも信用できない不確かなものになります。だから安全で安心な生活をおくるためには校正が重要であることを知ってもらう必要があります。体温計が正しいこと、室温が正しく表示されていること、はかりが材料の重さを正しく測ることができること。身近な生活でも誤差があることによって困ることはたくさんあります。それらのものが正しく校正されていることをjcssマークで証明できることを知ってもらう必要があります。

jcssマークを見てもらう機会を増やす

jcss校正証明書を添付している計測器が普及することで、多くの人に見てもらう機会が増えます。この証明書があることで国家標準までトレースできることをもっと知ってもらうことです。24区分で使われているそれぞれの特定標準器を紹介するイベントや冊子を作ることで正確とは何を標準として言えるのかということを知ってもらうことができます。jcssマークを見ることで、あの特定標準器によって不確かさが確認された計測器であることを理解してもらいます。最高峰の標準を知ることで自らが使用しているものが特別であるかのように思ってもらえれば印象も変わってきます。国家が認めた標準器、世界に通じる校正、それにたどりつくことができるjcss校正証明書。これらの条件によって、特別な思いを感じることができます。