jcssの必要性を知りましょう

jcssは計量法トレーサビリティ制度であるJapan Calibration Service Systemの略称です。トレーサビリティとは後からその経緯を追うことができることを言います。計量法での後から確認できなければ困ることとして試薬や校正の不確かさになります。何か問題などが発生したときに原因を究明する必要があります。そのときに問題ないことが確認できるものは調べる必要がなくなります。それがjcss制度の目的です。国が定めた計量法について準拠していることが明らかな証明書があれば、そのことについて調べる必要がなくなります。結果として、そのようにしっかりした根拠のあるものを使っていれば安全で安心な製品やサービスを提供できることになります。提供者も受領者も嬉しい制度になります。

校正事業者として登録されるということ

jcss校正証明書が発行されたものはトレーサビリティが確保されていることになります。その証明書を発行できるのが校正事業者登録された機関になります。正しさを証明するには正しいとされる元が決まっていなければ意味がありません。計量法ではそれを特定標準器と言います。それが基準になります。校正事業者はその特定標準器によって確認された特定二次標準器、またはその特定二次標準器に確認された常用参照標準を使ってユーザーからの校正を行います。校正事業者はその標準器を使うことができる技能を有していることを国際規格によって審査されます。これらの2つが全て認められて初めてjcssマーク付きの証明書を発行することができます。登録のために使用される標準器は全てが校正の証明を示すことができます。

国際的な証明のためのjcss制度

jcss制度において校正事業者の技能を確認するために使われる国際規格はISOもしくはIECの17025になります。この規格は国が違っても共通で扱うことができる基準を定めたものです。適合性が確認された校正事業者は、日本のみならず世界で同じように適合性を認められたことになります。だからjcss校正証明書は世界で通用することになります。世界展開するときに国際規格に準拠していることが製品の安全性を証明するのに有効です。そのためにjcss制度が始められたという経緯があります。国内だけの製品ではなく世界で通用する製品にすることで市場が広がり国際競争力がつきます。顧客に対しても大量生産による価格での還元というメリットも提供できるかもしれません。それが通常の校正との大きな違いになります。